住宅ローン,審査

住宅ローンの審査についての情報です

住宅ローンは申し込みをしてから審査があり、誰でも借入れできるわけではありません。
いろいろと審査の基準があります。

 

住宅ローンの審査項目は多岐にわたっていいて総合的に判断されます。
申し込みをした人の属性と、担保となる不動産の質や価値がメインです。

 

申し込みをした本人のチェック項目では、個人の信用情報、勤務先や勤務年数、健康状態、年収(所得金額)などが上げられます。

 

まず、個人信用情報は、クレジットカードを作ったり借入れをしたりした記録です。
銀行は、住宅ローンの申し込みがあった場合にこの情報を確認します。
万が一、過去に延滞した場合、5年ほど記録が残っていて住宅ローンの借入れすることは難しくなるかも。
また、他の借入れ、ショッピングローンやリボ払い、キャッシングなども影響します。
可能であれば、他の借入れはなるべく完済しておくほうが無難です。

 

勤続年数は収入額の安定性で問われます。
通常。勤続3年以上が目安です。
勤務先も重要で、大企業であれば収入の安定性は高いと評価されますが、中小企業勤務の場合、審査はやや厳しくなります。
自営業の人も、事業の継続年数3年以上が目安で、過去3年間の所得が審査の対象となります。
健康状態は、住宅ローンを借入れするために団信に加入できること、つまり生命保険に加入できる健康状態であることが必要です。

保証会社

もし、住宅ローンで借入れる際、保証会社に保証してもらう場合、費用がかかります。
たしかに保証会社に保証をしてもらうと、知り合いにわざわざ頭を下げてお願いするという重荷はなくなります。
しかしその代わり保証料がかかるわけです。

 

保険会社への費用は、一般的にたとえば、借入期間が20年であれば1,000万円あたり約15万円といわれています。
また、借入期間35年であれば約20万円で、3,000万円を35年返済で借入れをすれば約60万円になります。
この数字は、住宅ローンを借りる際、諸費用の中ではかなりのウェイトを占めてきます。

 

また当初、一括で支払う上記の方法以外で、金利に0.2%などの一定の金利を上乗せして保証会社に支払う方法もあります。
総支払額で比べると、当初一括払いにした方が少なくなります。
一方で、一括払い分を住宅購入の頭金に回すと、その分、借入金を少なくすることも可能です。

 

ただし、保証が必要のない住宅ローンだと保証料は要りません。
この保証会社への費用、保証料が必要かどうかで諸費用は大きく異なってきます。

変動金利と住宅ローン審査

住宅ローンでの変動金利は、金利の低さから人気の金利タイプです。
でも、変動金利型住宅ローンが特っている独自のルールがあります。
しっかり理解しておかないと、思わぬリスクにさらされてしまうことがあります。

 

一般的な住宅とーンの変動金利型の特徴は、金利は半年に1度見直される、返済額は5年間変わらない、返済額見直しの際、増えても1.25倍までの3つです。

 

まず、返済額が5年間変わらないことで5年間は安心感を持てます。
そして、返済額が増えても1.25倍までというルールもあり、大幅なアップはありません。
でも、金利は半年ごとに見直されるのが要注意。
金利が上がると利息の支払い分が増えます。
ので、元金が減っていくスピードが遅くなるからです。

 

もし、金利が大幅に上昇した場合、利息分だけで返済額以上になってしまうことも。
これを「未払い利息」といい、未払い利息が発生するリスクが変動金利型にはあります。
住宅ローンの返済額が5年間増えない、その後に万が一増えても大幅にアップしないと安心してばかりではいけません。

住宅ローン審査

住宅ローンは申し込みをしてから審査があり、誰でも借入れできるわけではありません。
いろいろと審査の基準があります。

 

住宅ローンの審査項目は多岐にわたっていいて総合的に判断されます。
申し込みをした人の属性と、担保となる不動産の質や価値がメインです。

 

申し込みをした本人のチェック項目では、個人の信用情報、勤務先や勤務年数、健康状態、年収(所得金額)などが上げられます。

 

まず、個人信用情報は、クレジットカードを作ったり借入れをしたりした記録です。
銀行は、住宅ローンの申し込みがあった場合にこの情報を確認します。
万が一、過去に延滞した場合、5年ほど記録が残っていて住宅ローンの借入れすることは難しくなるかも。
また、他の借入れ、ショッピングローンやリボ払い、キャッシングなども影響します。
可能であれば、他の借入れはなるべく完済しておくほうが無難です。

 

勤続年数は収入額の安定性で問われます。
通常。勤続3年以上が目安です。
勤務先も重要で、大企業であれば収入の安定性は高いと評価されますが、中小企業勤務の場合、審査はやや厳しくなります。
自営業の人も、事業の継続年数3年以上が目安で、過去3年間の所得が審査の対象となります。
健康状態は、住宅ローンを借入れするために団信に加入できること、つまり生命保険に加入できる健康状態であることが必要です。

住宅ローンの審査について

住宅ローンは申し込みをしてから審査があり、誰でも借入れできるわけではありません。
いろいろと審査の基準があります。

 

住宅ローンの審査項目は多岐にわたっていいて総合的に判断されます。
申し込みをした人の属性と、担保となる不動産の質や価値がメインです。

 

申し込みをした本人のチェック項目では、個人の信用情報、勤務先や勤務年数、健康状態、年収(所得金額)などが上げられます。

 

まず、個人信用情報は、クレジットカードを作ったり借入れをしたりした記録です。
銀行は、住宅ローンの申し込みがあった場合にこの情報を確認します。
万が一、過去に延滞した場合、5年ほど記録が残っていて住宅ローンの借入れすることは難しくなるかも。
また、他の借入れ、ショッピングローンやリボ払い、キャッシングなども影響します。
可能であれば、他の借入れはなるべく完済しておくほうが無難です。

 

勤続年数は収入額の安定性で問われます。
通常。勤続3年以上が目安です。
勤務先も重要で、大企業であれば収入の安定性は高いと評価されますが、中小企業勤務の場合、審査はやや厳しくなります。
自営業の人も、事業の継続年数3年以上が目安で、過去3年間の所得が審査の対象となります。
健康状態は、住宅ローンを借入れするために団信に加入できること、つまり生命保険に加入できる健康状態であることが必要です。